メニュー

公益財団法人 鳥取県文化振興財団

文字の大きさ
TEL 0857-21-8700 FAX 0857-21-8705

2019年度募集について

1 事業概要

 本事業は、県内の小・中学校、特別支援学校に鳥取県にゆかりのあるアーティストを派遣し、解説付きの鑑賞公演や、体験型の公演、ワークショップなどを実施する事業です。
 多感な時期の子どもたちが普段の学校生活では出会うことのできない本物の文化芸術と出会い、触れ合うことで、感動を味わうとともに、感性を磨き、創造性や表現力のかん養を図ります。

 

2 実施の対象

県内の小学校、中学校、特別支援学校
(対象単位:全校・学年・学級単位など)

 

3 実施会場

学校の施設や設備を利用します。(体育館、多目的ホール、音楽室、教室など)
*会場は、申込者、アーティスト、財団による事前打ち合わせの中で決定します。

 

 

4 実施回数

学年、学級単位等で1日または数日にわたり複数回に分けて実施することも可能です。
*但し、児童・生徒1人につき、1回の実施、また、1校あたり1ジャンル(同アーティスト)とさせていただきます。

*事業全体では、年間40回程度実施。

 

5 実施する文化芸術ジャンル

<西洋音楽部門>

うずまき声楽・オペラ  うずまきピアノ  うずまきゴスペル 

うずまきオーケストラ  うずまき管楽器(サックス)  

<民族音楽部門>

うずまきアフリカ民族音楽   

<邦楽部門>

うずまき邦楽(箏/尺八/三味線)

<郷土芸能部門>

うずまき和太鼓

<表現活動部門>

うずまきヒップホップダンス  

        

6 実施の対象外となるもの

下記の項目に該当する申込については、実施の対象外となります。

(1)鑑賞及び体験の対象者が、児童・生徒でないもの。また児童・生徒を主としていないもの。

(2)申込者とアーティストの間で、事前に日程・内容調整を行っているもの。

(3)学校行事とは別に、広域的な地区祭り等の催し物出し物の一つと企画するもの。

 

7 募集について

各ジャンル、アーティストについて、実施回数に限りがありますので、希望に添えない場合があります。

・基本的に先着順です。お申し込みが多い場合は、初めてとっとりの芸術宅配便事業を利用する学校を優先します。

※ 過去に実施した学校も申し込みができます。

 

8 募集期間

2019年4月10日(水)から7月31日(水)まで

※締め切り後のお申し込みは、実施の状況をみながら個別に対応します。

 

9 実施期間

2019年5月7日(火)から2020年2月28日(金)の期間のうち、ご希望の日時。

※ただし、アーティスト、財団の日程の都合上、ご希望に添えない場合があります。

【アーティスト】

あらかじめ、アーティストの実施可能な時期が限られているもの(オーケストラ、管楽器)があります。詳しくは、当財団にご確認ください。

【財団】

下記の財団主催事業の公演日は、実施ができませんのでご了承ください。

2019

 5月13日(月) リチャード・クレイダーマン2019 

           ストリングス・トリオ&パーカッション

 7月 9日(火) 新国立劇場2018/2019シーズンダンス

           森山開次「NINJA」

 7月23日(火) NHK交響楽団演奏会 鳥取公演

 8月10日(土) 東京バレエ団「子供のためのバレエ『ドンキホーテの夢』」

 9月 5日(木) 宝塚歌劇 宙組全国ツアー 鳥取公演

 10月14日(月・祝) 広上淳一×京都市交響楽団 倉吉スペシャル演奏会

 11月30日(土) 浅利慶太追悼公演 劇団四季『エビータ』


 

*その他、企画中の財団主催事業等の都合により開催できない日があります。

 

10 実施に係る経費等

申 込 者

 ・通信費(打ち合わせ等の電話・FAX代、実施後の報告書等の郵送料)

 ・会場費(有料施設の会場費、会場設営費、音響・照明・空調代)

 ・備品代(アーティスト・財団が用意する分とは別に申込者側で用意するもの)

 ・印刷代(案内用のチラシ、当日プログラム、アンケートの用紙代、その他印刷に係る諸経費)

財   団

   ・アーティストへの謝金(実施及び打ち合わせにかかる旅費、楽器運搬費等含む)

 

11 申し込み及び、問い合わせ先

〒680−0017 

鳥取市尚徳町101−5 

(公財)鳥取県文化振興財団(とりぎん文化会館 内) とっとりの芸術宅配便 係  

     電話(0857)−21−8700 / FAX(0857)−21−8705

PAGE TOP