メニュー

公益財団法人 鳥取県文化振興財団

文字の大きさ
TEL 0857-21-8700 FAX 0857-21-8705

こわくて ふしぎな 夏のおしばい とおのもののけやしき

2017年7月30日(日) 倉吉未来中心 小ホール


こわくて ふしぎな 夏のおしばい

とおのもののけやしき



「とおのもののけやしき」ってどんな物語?

★三世代で楽しめる演劇作品★

《**あらすじ**》

関西に住む兄妹は、亡くなったおばあちゃんの遺品整理をするため、

お母さんと田舎に帰省した。
その夜、ふたりは妹が大切にしている人形をどこかに置き忘れてしまい、暗い蔵の中に探しに行くことに…。
突然扉が閉まり、蔵の中に閉じ込められ、そこへふたりを待ち受けていたのは、”もののけ”だった!

10個のなぞを解かないと蔵から出ることはできないと言う。
次々と出される道具のなぞを解いて、二人の脱出作戦が始まる!!


ちょっとコワくて、おもしろい。 最後はみんなで心が温まる…。

もののけやしきへ、さあ、いらっしゃい!!

夏休みは、倉吉未来中心へ!☆♪

2017年7月30日(日)

【午前の部】開場10:00 開演10:30

   終演予定11:45)

【午後の部】開場13:30 開演14:00

     (終演予定15:15)




《7/30「とおのもののけやしき」公演開催の前に、
プレイベントを開催します♪》

本公演をもっと楽しむために、家族みんなで昭和の時代へタイムスリップしてみよう♪


対談:”お芝居”と”地域の産業”から家族を考える

「昭和の時代へタイムスリップ!」

・日時 5月20日(土) 13:30〜15:00


・場所 倉吉未来中心 リハーサル室


プログラム

昭和のころの暮らしって?

昭和の時代の暮らしの様子や倉吉の産業のお話。

ひとつ前の時代はどんな暮らしだったのでしょうか?

お話:岩崎 正裕氏(「とおのもののけやしき」作・演出)

   関本 明子氏(倉吉博物館 学芸員)

進行:野崎 淳 (倉吉未来中心 館長)


昔ばなしを聞いてみよう!
倉吉民話の会の皆さんによる昔話を聞いてみましょう。

民話 「うれし、たのしや、おもしろや」 白水 幸子氏

民話 「大庄屋が買った馬」 友森 智恵子氏


*入場無料♪どなたでもお入りいただけます*




こわくて、ふしぎな、夏のおしばい

親子で一緒に楽しめる、ちょっとコワくてオモシロイお芝居。

祖父母の世代から子どもまで、三世代一緒に不思議な世界へと誘います。

楽しくて、心温まる感動のひとときをお楽しみください♪




一般発売:平成29年4月22日(土)10:00〜


チケット料金

全席指定(税込)

   一          般: 2,500円

   高校生以下: 1,000円

*3歳以下のお子様は膝上鑑賞無料(お席が必要な場合は、チケットの購入が必要)

*高校生以下のチケットでご入場の際は、学生証等の提示が必要な場合があります。

*車いす席は、倉吉未来中心で取扱います。


チケット取扱い

(東  部)  とりぎん文化会館*
(中  部) 倉吉未来中心*
(西  部) アルテプラザ*
            
(鳥取県文化振興財団西部事務所/米子天満屋4階)

(その他) ローソンチケット(Lコード:62330)

        鳥取県文化振興財団インターネット・チケットサービス 
*印は、財団友の会プレミアム会員の特典対応プレイガイド


【託児サービスのご案内】

託児サービスを受付します。(無料・要予約/満1歳から小学校2年生までのお子様に限ります。)

申込期間:4月22日(土)〜7月16日(日)

申込先:倉吉未来中心

0858-23-5391(第1・3・5月曜日を除く9:00〜22:00)


インターネット・チケットサービスのご案内

※初回のみ利用登録が必要です(無料)

主催

(公財)鳥取県文化振興財団

助成

一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会

(一財)地域創造

公共ホール演劇ネットワーク事業

お問い合わせ先

倉吉未来中心


 0858−23−5391(第1・3・5月曜日を除く9:00〜22:00)


PAGE TOP