メニュー

公益財団法人 鳥取県文化振興財団

文字の大きさ
TEL 0857-21-8700 FAX 0857-21-8705

茂山忠三郎(能楽師大蔵流狂言方)

茂山忠三郎(しげやまちゅうざぶろう)

能楽師大蔵流狂言方

 

昭和57(1982)820日京都生。

茂山 忠三郎家、四世忠三郎の長男。父に師事。4歳にて『以呂波』のシテで初舞台を踏み、 その後「釣狐」、「三番三」、「花子」、「狸腹鼓」など秘曲、重曲を披く 。

海外への芸術文化交流にも力を入れアメリカやヨーロッパなど海外公演も多い。

オーケストラなど他ジャンルとのコラボレーションも盛んで古典芸能における 敷居の固定観念を外すべく日々活動する。

近年ワークショップや狂言教室で、大人から子供まで指導や講演を行なっている。

 

能楽協会京都支部所属、京都能楽会会員

京都橘大学客員教授

京都造形芸術大学講師

2009年度文化庁文化交流使

2013年文化庁芸術祭賞新人賞受賞

2016年京都府文化賞奨励賞受賞

2017年五世茂山忠三郎襲名

2019年京都市芸術新人賞

PAGE TOP