メニュー

公益財団法人 鳥取県文化振興財団

文字の大きさ
TEL 0857-21-8700 FAX 0857-21-8705

平成28年度の実施

≪コミュニケーションワークショップ≫ ・ ≪高校生のための演劇スクール≫

若さと元気あふれる 高校生を応援します!

  演劇スクール  

   (H27年度 ワークショップの様子)              (H27年度 演劇スクールの様子)

  

 演劇的手法を通して高校生のコミュニケーション能力の向上図る「コミュニケーションワークショップ」

 高校演劇部のスキル向上を図る「高校生のための演劇スクール」の2事業を実施します。


高校生のための演劇スクール

※多くの高校生にご参加いただき、ワークショップ・成果発表公演は終了しました。

≪内  容≫ 

高校演劇で定評のある優れた戯曲をテキストに、最終日の成果発表公演(一般公開) に向けて、プロの演出家による稽古を行います。実際の稽古に立ち会い体験することで、日々の活動に活かせるよう実践を学びます。

 

≪開催日程≫

 オリエンテーション/作品創造(稽古)

       日 時:平成29年1月7日()9:30〜17:00 

     会 場:米子市公会堂 大ホール・リハーサル室 (米子市角盤町2丁目61番地)
 作品創造(稽古)

     日 程:平成29年1月8日()9:30〜17:00 

     会 場:米子市公会堂 大ホール・リハーサル室 (米子市角盤町2丁目61番地)

 リハーサル・成果発表公演

   日 時:平成29年1月9日(月・祝)9:30〜17:00

   会 場:米子市公会堂 大ホール・リハーサル室 (米子市角盤町2丁目61番地)

       *成果発表公演は一般公開(入場無料) 

 


≪成果発表公演≫ (一般公開)

学校・学年の垣根を越えて集う、エネルギッシュな高校生たちによる成果発表公演!!

≪日  時≫ 平成29年日(月・祝)

         【開場】13:30

         【開演】第1部 14:00〜15:00

              第2部 15:20〜16:20

≪会  場≫ 米子市公会堂 大ホール

≪入 場 料≫ 無料


≪見学者募集!!≫

プロの演出家による稽古を間近で見学し、スキルアップを目指そう!!

 

≪対  象≫ 

 県内高校演劇部員      *参加費: 無料

 

≪見学申込方法≫ 

 各高等学校へご案内とあわせて、申込書をお送りします。

 そちらの申込書に必要事項を明記の上、とりぎん文化会館までお申し込みください。

 【お問い合わせ先】 とりぎん文化会館 ☎0857−21−8700



≪講  師≫

畑 澤  聖 悟 (はたさわ せいご)

劇作家/青森県立青森中央高校教諭・演劇部顧問

 1964 年秋田県生まれ。劇作家・演出家。劇団「渡辺源四郎商店」を主宰。青森市を本拠地に全国的な演劇活動を行っている。『俺の屍 を越えていけ』で2005 年日本劇作家大会短編戯曲コンクール最優秀賞受賞。『ショウジさんの息子』でCoRich 舞台芸術まつり2008 グランプリ受賞。『親の顔が見たい』で第12 回(2009 年)鶴谷南北戯曲賞ノミネート、『翔べ!原子力ロボむつ』で第57 回(2013 年)岸田國士戯曲賞ノミネート。劇団昴『親の顔が見たい』『イノセント・ピープル』、劇団民藝『カミサマの恋』『満天の桜』『光の国から僕らのために』、青年劇場『修学旅行』など老舗劇団への戯曲提供多数。ラジオドラマの脚本で文化庁芸術祭大賞、ギャラクシー大賞、日本民間放送連盟賞など受賞。現役の公立高校教諭であり演劇部顧問。指導した高校(青森中央高校、弘前中央高校)で全国大会出場合計9回。そのうち最優秀賞受賞3回、優秀賞受賞5回。東北大震災の被災地応援公演として、青森中央高校演劇部による『もしイタ〜もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』を2011 年から続けており、その公演回数は現在77ステージを数える。


 主催 (公財)鳥取県文化振興財団 / 鳥取県高等学校文化連盟 演劇専門部


コミュニケーションワークショップ

※多くの高校生にご参加いただき、ワークショップは終了しました。

 高校新入生を対象にコミュニケーション能力の向上を目的として、演劇的手法を活用したワークショップを開催することで、これからの時代を生きる青少年にとって必要な基礎能力であるコミュニケーション能力を培います。

≪開催日程≫

  部地区

   日時 : 4月30日(土) 10:00〜16:00

   会場 : 倉吉未来中心 リハーサル室

          (倉吉市駄経寺町212番地5)

  西部地区

   日時 : 5月1日(日) 9:30〜15:30

   会場 : 鳥取県立米子産業体育館 サブアリーナ

          (米子市東福原8丁目27−1)

  部地区

   日時 : 5月7日(土) 10:00〜16:00

   会場 : とりぎん文化会館 リハーサル室

          (鳥取市尚徳町101番地5)

 

≪内  容≫

   演劇シアターゲームを中心とした自己表現能力 活性化ワークショップ

 

≪対  象≫

   高校新入生(1年生)  ※参加費は無料です。

     演劇部以外の新入生も参加可能です。

 

≪申込方法≫

   各高等学校へご案内とあわせて、申込書をお送りします。

   そちらの申込書に必要事項を明記の上、とりぎん文化会館までお申し込みください。

   【問い合わせ先】 とりぎん文化会館 ☎0857−21−8700

 

≪講  師≫

   俳優  西垣 耕造 / Nishigaki Kouzou

   『東京演劇集団 風』所属

 1965年兵庫県生まれ。97年に演劇集団「風」に入団し、『ハムレット』『三人姉妹』など著名な作品に多く出演する。全国の中学・高校生、一般を対象にコミュニケーションワークショップを行い、演劇を通して「相手を捉え、存在させ、一緒に場を創る」というワークショップを実践している。

 

 

主催 (公財)鳥取県文化振興財団 / 鳥取県高等学校文化連盟 演劇専門部


PAGE TOP