メニュー

公益財団法人 鳥取県文化振興財団

文字の大きさ
TEL 0857-21-8700 FAX 0857-21-8705

≪演劇≫U-18シアタープロジェクト Act2

書いた! 演じた! みてくれ今の私たち!

鳥取県文化振興財団プロデュース公演

≪演劇≫


催決定


あの衝撃作を生み出した企画が再始動!

鳥取県内18歳以下の若者が書き上げた戯曲を同じく県内18歳以下のキャストが演じる演劇公演の企画第2弾。

2019年3月に上演された2作品「ant」・「動かない電車に乗って」は、18歳以下の作品とは思えないほどクオリティの高い作品となり、多くの反響を呼びました。

監修・演出に宮田慶子氏、戯曲監修に大和屋かほる氏を再び迎え、若者の「今」が詰まった作品をお届けします!

 

[公演日] 2022年8月予定

[会   場] 未定

[出   演] 鳥取県内18歳以下 (オーディション選考)

[戯   曲] 鳥取県内18歳以下 (戯曲創作講座受講者)


[監修・演出]

宮田慶子 Miyata Keiko


演出家

劇団青年座

新国立劇場演劇研修所所長

 

東京都生まれ。1980年、劇団青年座に入団。創作劇、翻訳劇、近代古典、オペラ、ミュージカル、商業演劇と多方面にわたる作品の演出を手がける一方、演劇教育や日本各地での演劇振興・交流に積極的に取り組んでいる。
第29回紀伊國屋演劇賞個人賞、'98年芸術選奨文部大臣新人賞、第43回毎日芸術賞千田是也賞、第9回読売演劇大賞最優秀演出家賞など受賞。
(公社)日本劇団協議会常務理事、(社)日本演出者協会副理事長



[戯曲監修]

大和屋かほる Yamatoya Kaoru


劇作家

日本劇作家協会会員

鳥取県立境高等学校教諭

 

米子市淀江町生まれ。岩崎正裕・松田正隆・斎藤憐各氏に劇作を学ぶ。鳥取県総合芸術文化祭で『沙也可』『不届千萬忠臣蔵』『八賢伝』等の作・演出。滋賀県おうみ狂言図鑑で茂山一門による新作狂言を執筆。高校演劇では外国文学の翻案による創作脚本で、'06年『もうひとつの〈罪と罰〉』、'10年『ペスト』により春季全国大会に出場。『「F」と呼ばれた男』他で、中国地区高校演劇発表会・創作脚本賞(全国高校演劇協議会会長賞)。

他に『青空が迷うみたいに』(演出:鐘下辰男)、『頭の中の千匹の蜂』(演出:古城十忍)等がある。


戯曲創作講座

2020年6月上旬〜2021年6月

過去実施公演「U-18シアタープロジェクト」

2019年3月23日(土)・24日(日) 米子市公会堂 大ホール

主催

 (公財)鳥取県文化振興財団


お問い合わせ先

 とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館)

  0857−21−8707 (9:00〜22:00)

  休館日:第2、4、5月曜日(祝日の場合、翌平日休)



PAGE TOP