夏至・七夕ライトダウン2021について

ライトダウンの取り組み

とりぎん文化会館では、地球温暖化防止対策のため、館内・館外の照明の一部を消灯し、ライトダウンに取り組んでいます。

ーーーーーーーーー

環境省が2003年から16年間にわたり、地球温暖化対策のために実施してきた「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」は、2019年4月に環境省による呼び掛けが終了しました。当館も同キャンペーンの趣旨に賛同し、ライトダウンを実施してきましたが、環境省による呼び掛けの終了後も、引き続き七夕の日(7月7日)をクールアース・デーとして、天の川を見ながら、家庭や職場において、地球環境の大切さを再確認し、それぞれができる地球温暖化対策の取組を推進するための日として、ライトダウンに取り組むものです。

ライトダウン2021のお知らせ

ライトダウンの日程
 夏至の日: 6月21日(月) 夜8時から10時まで
 七夕の日: 7月 7日(水) 夜8時から10時まで


7月7日のクールアース・デーは、“みんなが地球を想う日

2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に毎年7月7日がクールアース・デーと定められました。

  *:.。. .。.:*・☆*:.。. .。.:*・☆*:.。. .。.:*・☆*:.。. .。.:*・☆*:.。. .。.:*・☆*:.。. .。.                                       

 ご利用のお客様には、ご理解とご協力をお願いいたします。


◆公益財団法人鳥取県文化振興財団(とりぎん文化会館・倉吉未来中心)は、鳥取県版環境管理システム(TEAS)U種を取得し、環境に配慮した活動を行っています。


参考リンク

鳥取県: 星取県ライトダウンキャンペーン 

  毎年6月21日〜9月12日

※環境省が2003年から16年間にわたり地球温暖化防止のためライトダウンを呼び掛けてきましたが、近年のLED照明の普及状況を鑑み、呼びかけは終了しました。

PAGE TOP