とっとり梨の花温泉郷でアフター温泉

とっとり梨の花温泉郷とは?

三朝に、関金、東郷湖に向き合うように立つ東郷、はわいの4つの名湯を抱える温泉郷は、鳥取県中部のオアシス的な存在。いずれも「二十世紀梨記念館」も立つ倉吉市の中心から車で30分圏内に点在していて、タイプにより温泉天国・山陰の名にふさわしい個性的な湯を楽しませてくれます。
こちらでは、そんな4つの温泉の特徴を軽〜くご案内。
記念館で思いっきり遊んだ後は、県を代表する名湯で湯ったり、のんびり。
旅の疲れをすっきり洗い流してみませんか。

どっちの温泉にSHOW 〜ニーズで探すお気に入りの湯〜

夕景・夜景にウットリしたいあなたには

東郷温泉がオススメ

山陰八景の一つ、翼を広げた鶴に形が似ていることから、別名「鶴の湖」と呼ばれる東郷湖は、淡水と海水が混ざり合う汽水湖。湖底より湯が湧くことから湖面に湯気がのぼる幻想的な風景をもちろん、この湖で行なわれる独特な漁方「四つ手網」が美しいシルエットで浮かび上がる夕景、対岸のはわい温泉の光の帯が煌びやかな夜景もオススメ。入浴+周辺散策が楽しい温泉郷です。
■代表的な日帰り
入浴(可能)施設・宿
ゆアシス東郷 龍鳳閣
養生館
■足湯「布袋の湯」/めぐみの湯
「毘沙門天の湯」/鯉の湯
■詳しくはコチラ東郷温泉ホームページ

湖畔のリゾート・水辺の露天風呂を満喫したいあなたには

はわい温泉がオススメ

天保年間に発見。東郷湖の西側、全国でも珍しい砂州の上に広がる温泉郷で、平均70度前後の湯が湖底から湧くため、しばしば湖面を包むという霧の風景が幻想的。
またほとんどの宿が湖にせり出していることから、その多くは東郷湖を一望する露天風呂を用意するなど、“東洋のハワイ”の名にふさわしい水辺のリゾートを堪能させてくれます。
東郷温泉を経由しての6つの足湯めぐりもオススメ。
■代表的な日帰り
入浴(可能)施設・宿
ハワイゆ〜たうん
はわい温泉 望湖楼
千年亭
■足湯一覧「福禄寿の湯」
「恵比寿の湯」
「寿老人の湯」
「弁財天の湯」
■詳しくはコチラはわい温泉ホームページ

世界の名湯・長寿・健康に興味があるあなたには

三朝温泉がオススメ

世界遺産の登録を目指す三徳山三仏寺の投入堂のお膝元、開湯以来800年以上の歴史を持つ名湯。
「三晩泊まって三度朝を迎えれば難病が治る」という言葉から温泉名が付いたとされ、世界有数のラジウム含有量を誇ることでも有名。
ちなみにこの地の湯を生活に、また飲料水にも利用する地元民のがん発生率は一般の約半数とも伝えられています。
三徳川沿いの川べりに湧く露天「河原風呂」(無料)にぜひチャレンジを。
■代表的な日帰り
入浴(可能)施設・宿
河原風呂
三朝温泉元湯 株湯
菩薩の湯
たまわりの湯
■足湯一覧河原の湯
薬師の湯
かじかの湯
■詳しくはコチラ三朝温泉ホームページ

自然・静寂&美肌を求めるあなたには

関金温泉がオススメ

作州街道の関所であった地で、宿場町として栄えた歴史を持つ関金は、鳥取と岡山の県境、山深い場所に湧く自然豊かな温泉郷。
この地の名産が「わさび」であることが物語るように、美しく、澄んだ名水の里でもあり、周辺に湧く湯は、無色透明、無味無臭の放射線温泉で、古くより「美人の湯」として全国的にもPRされてきました。
温泉は、約1300年前に僧行基によって発見され、その後、弘法大師が再興したとも伝えられています。
■代表的な日帰り
入浴(可能)施設・宿
関金温泉 湯命館
■詳しくはコチラ関金温泉 湯命館ホームページ