みらいアートギャラリー

開催中の展示


My Favourite Tottori Life 〜三朝町アラン・マリーさん編


県中部に在住されている外国人の方に、その方独自の視点から撮った写真で写真展をしてもらったら面白いのではないか?きっと、ずっとそこに暮らしている地元の人には当たり前すぎて気づかない魅力やすてきなものを見つけてくれるはず――そんな思いから企画した写真展、「My Favourite Tottori Life」。

中部圏域を中心とした鳥取のお気に入りの場所、好きな風景などを集めていただきました。


第1弾となる今回は、三朝町の国際交流員アラン・マリーさんです。

国際交流員としてだけではなく、インバウンドコーディネーターや時には女優までこなすマルチな活躍で、三朝町はじめ鳥取県を盛り上げてくださっています。

小学校の時に図書館の本で見つけた習字に魅了されて独学で日本語を学んできたというマリーさん。

鳥取や鳥取に住む人への愛情があふれているマリーさんの写真をとおして、身近な場所や日々の生活にある美しさや趣を再発見できるはずです。


また、マリーさんからのメッセージなど、展示の一部にフランス語訳を付けていただきました。

普段まとまったフランス語を目にする機会は少ないと思います。正しく読むことは難しいかもしれませんが、日本語や英語との違いを見て、異文化を感じていただけたらと思います。


会場:倉吉未来中心1階 みらいアートギャラリー

会期:3月16日(火)〜5月16日(日)
    休館日:3月29日、4月5日、4月19日、5月6日


<展示の様子> 
マリーさん2  

マリーさんの撮影された写真は、こちらのインスタグラムからもご覧いただけます!→https://www.instagram.com/marie_in_misasa/?hl=ja


2階の展示


上灘児童センター児童共同作品展


2階セミナールーム3前で、かわいい児童の作品を展示中です。

オリンピックのマスコット「ミライティ」と「ソメイトワ」のちぎり絵、

新型コロナウイルスの終息を願ったアマビエのステンドグラス風作品の2点。

どちらも大作です!是非お立ち寄りください。


令和3年4月30日(金)まで。

上灘児童クラブ2   


みらいアートウォール登場!

現在進行中の大ホール・小ホールの改修工事のため設置されている1階の仕切り壁に、大きなアート作品がお目見えしました!


制作してくださったのは、鳥取市にある「アートスペースからふる」のみなさん。

伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」と、曽我蕭白の「群仙図屏風」をモチーフにした文字通りカラフルなペイント作品で、のべ3日掛かりの力作です。

壁の大きさは樹花鳥獣図屏風側が横約10m、群仙図屏風側が約7m、高さはいずれも約2.7m。ペイント作品の周りにも、小品をたくさん飾っていただきました。


ホール休館中の殺風景な工事現場が一変し、ビビッドで文字通りカラフルな空間に。

工事期間中限定のアート作品をどうぞご覧ください。


また、1階同様に仕切り壁が設置されている2階では、令和7年春、未来中心隣の市営ラグビー場跡に完成予定の鳥取県立美術館を紹介するパネル展示も行っています。


展示期間はいずれも工事が終わって壁が撤去される7月頃まで。

お見逃しなく。

アートスペースからふるのウェブサイトは→こちら←、フェイスブックは→こちら←

鳥取県美術館整備課のウェブサイトは→こちら←



この壁が・・・
   

完成!                  パネル展示の様子
アートウォール3  



過去の展示


PAGE TOP