山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
美保関地区活性協議会オススメ観光スポット>大国主命を祀る客人社(まろうどしゃ)
大国主命を祀る客人社(まろうどしゃ)
美保神社の対岸に設けられた客人社には、この大国主命が祭られることで、12月3日の諸手船神事の際、この神話に基づき、9人の氏子乗り込んだ船が、この客人社を目指し水しぶきをあげながら「ヤアヤア」と船を進めていきます。
天照大神(あまてらすおおみかみ)から出雲の国譲りを迫られた大国主命(おおくにぬしのみこと)が、長男の事代主命(ことしろぬしのみこと)に諸手船で使者を送り、国譲りの判断を仰いだという神話。

美保神社の対岸に設けられた客人社には、この大国主命が祭られることで、12月3日の諸手船神事の際、この神話に基づき、9人の氏子乗り込んだ船が、この客人社を目指し水しぶきをあげながら「ヤアヤア」と船を進めていきます。

この客人社からは、天王社、地主社、幸魂社へと続く「神の古道」散策も可能です。
住所島根県松江市美保関町美保関
お問い合わせ0852-73-0506(美保神社社務所)
  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)