山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
定置網の水揚げ
島根半島の東端・美保関町は、黒潮から分かれた対馬暖流が北東に向かって流れることに半島の沖合いが好漁場に。
島根半島の東端・美保関町は、黒潮から分かれた対馬暖流が北東に向かって流れることに半島の沖合いが好漁場に。

また町の南側に広がる美保湾は、対岸に立つ大山より流れるミネラル豊富な湧水が湾内の対流によりここ美保関の沖合いにも流れ込み、周辺は定置網の好漁場として境港に匹敵する質の良さを誇っています。

漁が終わり、早朝港に引き上げた船からは新鮮な魚が水揚げされ、地元民が殺到する朝とれ市にて販売。
こう考えると、地元民の方はお魚に関して本当に恵まれた環境にいることがよくわかります。


  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)