山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
美保の北浦
美保関町の日本海側の海岸線は「美保の北浦」と呼ばれ、洞窟や断崖、絶壁、島々が連なり、変化に富んだ美しい景観を描き出しています。
大山隠岐国立公園に属する島根半島。
特に、美保関町の日本海側の海岸線は「美保の北浦」と呼ばれ、洞窟や断崖、絶壁、島々が連なり、変化に富んだ美しい景観を描き出しています。
特に雲津の馬見ヶ鼻の近くにある高さ132m、幅70mの赤褐色の絶壁「出雲赤壁(いずもせきへき)」はダイナミック。

地形的理由で陸路からの見学は難しいため、見学は、福間館の船を利用した「地蔵崎、美保関灯台クルージング」(所要時間約50 分)にて。

申し込み0852-72-2811(美保関観光協会)
料金クルージング料金 
大人2100円 子供1050円 
10名以上の場合は団体割引あり
  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)