山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
青石畳通り
細い路地の両側を昔ながらの建物が囲み、下を見ると郷愁を誘う石畳は、当地の海石を切り出して敷設されたもの。雨の日に、うっすらと青色に変化することからその名が付いたと言われています

ここ美保関は、江戸中期以降、雲州(島根県東部)、伯州(鳥取県西部)、隠州(隠岐島)をはじめとする北前船の西廻り航路の寄港地で、松江からの宿場町だった頃に敷かれたというこの道には、海運業が栄えたこの地方の繁栄の影がしっかりと残されています。

細い路地の両側を昔ながらの建物が囲み、下を見ると郷愁を誘う石畳は、当地の海石を切り出して敷設されたもの。
一歩一歩踏みしめて歩けば、何だか当時にとタイムスリップしたかのようなスローな空気に包まれていきます。

この石畳、雨の日には、うっすらと青色に変化することからその名が付いたと言われ、散策途中には、高浜虚子など文豪も多く訪れた由緒正しい老舗旅館、旧家などに遭遇。
古い町並みと石畳がかもし出す情景は、その当時の面影そのままに今も通る人々を魅了します。


青石畳

通り沿いの歌碑・句碑


青石畳通りには、美保関に訪れた文人墨客がこの地で残したとされる歌と句が6基の歌碑・句碑によって記されています。

これらの歌人達は、美保神社を参拝し、くつろぐと、興にまかせては歌を詠み、句を作っては町の人々に披露していたようです。

住所島根県松江市美保関町美保関
お問い合わせ先0852-72-2811(松江観光協会美保関町支部)
  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)