山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
美保関灯台
島根半島最東端に立つ白亜の灯台。明治31年(1898年)に建てられ、平成10年には、「世界の歴史的灯台百選」にも選定されています。

美保神社からさらに島根半島を先端に向け海を走ること約5分。
たどり着いたのが島根半島最東端に立つ白亜の灯台。
明治31年(1898年)に建てられ、当時の面影をとどめた灯台からは、23海里(※1海里=1852m 23海里=42.596km)もの遠方まで光が放たれるとも。平成10年には、「世界の歴史的灯台百選」にも選定されました。

住所島根県松江市美保関町地蔵崎
お問い合わせ0852-72-2811
  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)