山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
美保関地区活性協議会>地元推薦のご当地グルメ
地元推薦のご当地グルメ
店の軒先にとれたてのイカを天日干しする姿が美保関の日常的風景なら、このイカ焼きは、ある種美保関のソウルフード的存在。

美保関漁港前の旅館や鮮魚店の軒先。気持ちよさそうに日光浴を楽しむイカや季節の魚の干物たちは、すっかり地元の風物詩。

地元のおかあさん方が立ち上げた「つわぶきの会」がはじめた「入来舎」(はいらいや)。手作りのお惣菜、お菓子が楽しめ、コーヒー、お抹茶など、こ洒落て、レトロな古民家、大正、昭和はじめの写真など『一息つけるお休み処』として重宝。

大正11年に創業。以来、昔ながらの手作業で一つ一つ丁寧に作られていく醤油は、すっかり地元のスタンダードです。

甘さのなかにほんのりと醤油が香るアイスクリームは、安来の生乳業者に特注するほどの力の入れよう。スタンダードの醤油をベースに、一風変わったもろみのほか、ゴマ、抹茶などフレーバーは4種。1個250円。

人気のお刺身定食(1500円)は、刺身三点盛り(イカとその日の日替わり2種)に、煮魚or焼き魚(当日により変わる)、もずく、吸い物、ご飯付きというボリュームにて提供。

うに丼セット(1800円)は、濃厚で甘みの強い地元産のウニに、これまた地産の天然岩のりを合わせた磯風味豊かな海鮮丼がメイン

日本海を一望するオーシャンビューカフェとして機能。地元の名産でもあるイカめし定食など新鮮な日本海の海の幸が味わえます。

「とれたての海鮮定食」(2100円)は、新鮮なお刺身に、特製ダレで食べる海鮮サラダ、美保関特産でもある一夜干しの干物などが付く海の幸づくしのフルコース。

2階は「レストラン かもめ亭」として一般客にも開放され、特に人気No.1という「恵美須鯛日替わり定食」(1200円)は、毎朝揚がる定置網の魚を使うためメインとなるお刺身などの魚はすべて日替わり。

地元で獲れた新鮮な海の幸がズラリ10品程度の豪華海鮮会席で港町ならではの現地価格の大ボリュームにて提供。展望大浴場温入浴付というのも魅力

ゑびす鯛茶漬(1575円)は、焼き鯛をほぐしてお茶漬け風、また新鮮な鯛の刺身を使ったやなぎがけ風、2つの味を楽しめるお店一番の人気メニュー。岩海苔の香りと生わさびの風味で召し上がれ〜。

青石畳通りに面した3代続く酒屋で、創業は100年以上。オススメはお酒は「神話乃酒」。恵美須様の徳利に入った、お店オリジナルの商品です。

定置網の漁に出た船が戻る朝7時〜8時ごろ、港の岸壁ではさながら簡易のお魚屋さんに大変身。朝とれの魚を直接買うことが可能です。

美保神社の絵馬をよく見ると鯛が稲穂をくわえているのがわかります。本殿横の絵馬掛けに吊すとなんでも願いが叶うとか??

test

  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)