山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
フロア図・館内紹介
古民家を再生。独自の手法を取り入れることで生まれ変わった「橋津屋」を図面と写真でご覧いただけます。橋津家は、江戸末期に建築。200年経った今も往時の美保関独特とされる建築様式を残す一方、今風のアレンジを施し新旧のコラボによる新しいタイプの古民家が完成しました。
施設案内

(フロア図 1階)



(フロア図 2階)


施設・各フロア写真
室内1

           (施設外観)                        (外部デッキは昔の桟橋に見立てたもの)

室内2

        (海側和室から港を見る)                             (1階室内見通し)

室内5
 
           (2階 海側和室)                                (2階 和室見通し)

室内3  室内4

 (↑ 2階和室から屋根裏部屋を見る)

 (← 1階通路土間)

  


  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)