山陰の城下町・松江のもう一つの顔が、えびす様の故郷・美保関に代表される神話のステージ。実は有数の港町でも。
海からはじまるご利益旅 えびす様の故郷 美保関へ
美保関地区活性協議会>超長期住宅先導的モデル 「美保関 橋津屋」
超長期住宅先導的モデル 「美保関 橋津屋」

「地域資源の活用」
今年度の美保関地区活性化協議会のメインプロジェクトが、超長期住宅先導的モデルの採択を受けついに「カタチ」となり、このたびOPENの運びとなりました。

それが「美保関 橋津屋」。

鳥取県東部・橋津からこの地に移って以来、廻船業者などの宿を生業としていたとされる古民家を我々の手で再生。
古民家が新しく生まれ変わり、港町そのものをフルに体感できる「海辺の体験モデル施設」として再スタートをきったのです。

まず注目は建物の構造。
橋津家は、江戸末期に建築。200年経った今も往時の美保関独特とされる建築様式を残し、ここだけ時が止まったかのようなアナログな時間を訪れる方々に届けてくれます。
ただこれだけでは体験施設として活用するに至りません。
そこで往時の大工の知恵に、現代の建築・技術を融合。自然環境の共生や省エネといったエコにも配慮することにより、長寿命で地球にやさしい「ハイブリッドな古民家」として生まれ変わることに成功しました。

具体例を挙げると、
・古民家ならではの構造(木造伝統工法)を残し、耐震耐火施工、高断熱施工をプラス
・改修材はすべてムク材、自然素材を使用
・屋根外断熱による省エネ設計
・床段差解消、オール電化による高齢者への配慮

まさに新旧が融合した古民家再生の新しいカタチ。

部屋の窓から見える風景は、昔も今も変わらない港町ののどかな風景。
それもこれも、時を重ねても変わらず受け継がれてきた美保関の歴史、伝統、文化に対する地元の誇りが実現した夢のプロジェクト。
私達はこの時間をより多くのみなさんに体験していただくことで、古きよき時間が今もなお残る美保関の素晴らしさを次世代に継承できればと考えているのです。

家族に見送られ大海原へ繰り出す船、大漁旗を抱え戻ってくる船といった日常的に描き出される港町のドラマに加え、神様のお膝元ゆえの深い歴史やしきたり、無邪気な笑顔で日々成長する子供達の暮らし、海越しの眺める四季の大山といったこの地だけの日常にふれ、人として必要なこと、日本人として失っちゃいけないもの、人が生きていくために忘れてはいけない本質に気づいてもらえればと思っています。

変わりゆく時代に、変わってはいけない時間。
この場所でまず。
みなさんも気軽に体験してみませんか?

〜こんな生活を体験できます〜
◎地元ガイド・担当者による美保関の再発見
◎都会の喧騒を離れ、ゆったりとした時間
◎漁村の日常、水揚げの風景
◎えびす様のお膝元、美保神社すぐ近くで神々の世界
◎海越しの大山、島根半島の最東端ならではの広大な海の風景
◎新鮮な海の幸



先導的な材料、技術、システムを採用し住宅の長寿命化に向けた普及啓発に寄与するモデル事業を国土交通省の公募によって募り、優れた提案に対しては事業の実施に擁する費用の一部を補助するもの。そうした事業の内容をご説明します。

江戸末期の古民家が、自然環境の共生や省エネにも配慮した「ハイブリッドな古民家」へ。
地元が連携し、地域資源を活用すべく立ち上がった後、その集大成として完成するまでの過程をご紹介します。

古民家を再生。独自の手法を取り入れることで生まれ変わった「橋津屋」を図面と写真でご覧いただけます。橋津家は、江戸末期に建築。200年経った今も往時の美保関独特とされる建築様式を残す一方、今風のアレンジを施し新旧のコラボによる新しいタイプの古民家が完成しました。

都会では体験することのできない田舎タイム・漁村ライフ
我々が暮らす素晴らしいこの町の魅力をぜひみなさんにも体験していただきたい。そうしたことからこの体験プログラムが生まれました。


管理者美保関地区活性化協議会
所在地松江市美保関町美保関661 美保関地区公民館内
お問い合わせ0852-73-0420(TEL)/0852-73-0020(FAX)
※当ページお問い合わせフォームからの受付もしております。ご利用ください。
《→ お問い合わせフォームはこちらです。
申し込み方法・ご予約は2ヶ月前から承ります。
・ご利用を希望される方は、【お問い合わせ先】まで、電話でご予約ください。
・他に利用がある場合等、ご利用期間の希望に添えない場合があります。
アクセス(車)
米子自動車道・米子ICより 40分
米子空港より 25分
JR境港駅より 20分
JR松江駅より 40分

(飛行機で)
東京⇔米子 75分(全日空)
名古屋⇔米子 70分(中日本エアライン)
福岡⇔米子 70分(中日本エアライン)

(JR)
「岡山」にて伯備線特急やくも乗車、「米子」駅にて境線乗り換え、
終点「境港」駅下車。「境港」駅よりタクシーまたはコミュニティバス乗車。
MAP《→ 美保関見どころMAP
  • home
  • 取り組み
  • 説明
  • お問い合わせ
 
美保関地区活性化協議会 連絡先
〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関661番地美保関地区公民館内 TEL/0852-73-0420(協議会内)