鳥取県米子市の矯正歯科専門“K+n矯正歯科”は歯並びの悩みを「個人カウンセリング・短い治療期間・痛みが少ない、見えない目立たない矯正装置」で治療いたします。
【K+n矯正歯科】診療時間・休診日のご案内
K+n矯正歯科ホワイトニングのご案内
K+n矯正歯科スタッフブログ
K+n矯正歯科携帯サイトのご案内
デーモンシステムのご案内
HOME | > K+n(ケーエヌ)矯正歯科 indexよくあるご質問>Q.矯正歯科治療を子供のときから始めると治療期間が長くなるのではないかと気になります。大人でもできると聞きますが子供のときから始めるメリットとは?
Q.矯正歯科治療を子供のときから始めると治療期間が長くなるのではないかと気になります。大人でもできると聞きますが子供のときから始めるメリットとは?

A.お答え

子供と大人の矯正歯科治療の最も大きな違いは、“顎骨の成長発育を利用できるかどうか”、という点にあります。そもそも咬み合わせや歯ならびの悪さは、歯だけではなく、顎(骨格)にも問題があることが多いのです。


大人の場合、骨の成長が止まってしまっているため、成長発育を利用しながら歯ならびを治すことは不可能です。そのため、悪い歯ならびや咬み合わせは、歯を移動することだけで治すしかありません。従って、治療方法にも制限がでてくることも多く、結果として健康な歯を抜歯して治療しなければならない場合も少なくありません。 また、あきらかに骨格のバランスに問題がある場合(例えば顎変形症など)は、外科手術を併用した矯正歯科治療が必要になってきます。


一方、発育過程にある子供の場合、顎骨の成長を抑制・促進などして成長発育を利用しながら、骨格と歯ならびの両面から治していくことが可能です。そのため、健康な“歯を抜歯せずに”、不正咬合を治せる可能性も高くなります。そして、大人に比べ骨がやわらかいので歯の移動が速く、“痛みも少ない”こともメリットです。また近年、歯の健康や歯ならびへの関心が高まっており、矯正歯科治療中の子供が非常に多くなってきているため、疎外感もなく治療になじむのも早いと思います。


しかし、骨格に対する治療には年単位の歳月を必要とするため、結果として大人の矯正歯科治療に比べ、長期間かかることも事実です。ここで大切なのは子供のころから治療を開始するメリットを患者さんご本人に、あるいはご両親に受け入れていただけるかどうかです。 お子さまの健康な歯と歯ならびのためにも少し長いスパンで考えられてはいかがでしょうか?