智頭町不妊治療費助成交付金について

 不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、保険外診療の「特定不妊治療(体外受精及び顕微授精(精子を精巣または精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)を除く)と「人工授精」に要する費用の一部を助成します。

 

1.対象者

次のすべてに該当する方

@鳥取県不妊治療費助成金交付要綱第6条の規定により、鳥取市長に申請し鳥取市不妊治療費助成金の交付決定を受けた方

A夫婦のいずれか一方または両方が1年以上智頭町内に住所がある方

B本人及び世帯員に町税等の未納がない方

 

2.申請方法・内容

 助成を申請される方は、鳥取市で申請手続きをする際、鳥取県内市町村申請書用の「特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書」及び「人工授精助成金交付申請書兼請求書」に記載をしてください。(本人の承諾を得たうえで智頭町に送付されます)

 また、直接福祉課の窓口に来所し、申請することも可能です。その際は、下記に記載している必要な書類を一緒に添付し、提出をお願いします。印鑑もご持参ください。

 なお、様式第1号、第3号につきましては各自ダウンロードし、事前に記入し、ご持参していただいても構いません。福祉課の窓口にありますので、窓口で記入してください。

 

<内容>

○特定不妊治療費助成金

 ◆国基準の助成制度の対象

 

<助成回数>

(1)初回助成に係る治療期間の初日の妻の年齢が40歳未満の場合

   →43歳までの治療に対して通算6回まで

(2)初回助成に係る治療期間の初日の妻の年齢が40歳以上の場合

   →43歳までの治療に対して通算3回まで

(3)平成27年までに本助成金を受け、(1)又は(2)に定める助成回数を超える場合又は治療開始日の年齢が43歳以上の場合

   →助成回数は制限しないが、本助成金を受けてから通算5年度まで

(4)平成28年以降に新規で本助成金を受け、(1)又は(2)に定める助成回数を超える場合

   →初回助成に係る治療期間の初日の妻の年齢が40歳未満の場合、通算6回まで。ただし、43歳到達後は残りの助成回数又は3回のいずれか少ない回数まで。

 

<助成金額>

上記(1)(2)

・排卵を伴う治療については、175,000円を上限に助成

・排卵を伴わない治療については、87,500円を上限に助成

上記(3)(4)

 78,000円を上限に助成

※いずれも県からの助成額を控除します。

 

 

○人工授精助成金

 申請される年度内に要した人工授精費用の総額から県助成金を控除した額又は50,000円のいずれか低い額を通算2年度まで助成。1年度あたり助成金の額の上限は、100,000円

 

<必要な書類>

特定不妊治療費助成金交付金申請書兼請求書(様式第1号)

・特定不妊治療費助成金に係る鳥取市交決定通知の写し

・特定不妊治療受診証明書の写し

・特定不妊治療に係る領収書の写し

 

○人工授精に係るもの

人工授精助成金交付申請書兼請求書(様式第3号)

・人工授精助成金に係る鳥取市交付決定通知の写し

・人工授精助成事業受診証明書の写し

・人工授精に係る領収書の写し

 

 詳しい助成内容は、智頭町不妊治療費助成金交付要綱をご覧ください。

【担当・お問い合わせ先】 税務住民課住民係/TEL 0858-75-4118
福祉課/TEL 0858-75-4101