消費生活相談

消費者行政の取組み

 智頭町では、消費者トラブルに対応するため、消費生活相談窓口の設置や弁護士の無料相談会を開設し、相談対応や啓発活動を行っています。

 今後より複雑かつ多様化が予想される消費者トラブルを未然に防ぎ、町民の皆様が安全・安心に暮らせるよう体制等を維持・充実し、引き続き啓発活動や窓口強化に努めます。

 

 平成29年3月31日

                          智頭町長 寺谷 誠一郎

消費生活相談窓口を開設しました

 平成24年4月から、鳥取県消費生活センターでも相談を受けている専門相談員が多重債務・ヤミ金融、悪質商法(マルチ商法など)、振り込め詐欺、架空請求などの相談を無料でお聞きしアドバイスしています。

 相談室は個室で、秘密は必ず守られますので、心配なことやおかしいなと思うことがありましたら、一人で悩まずどんなことでもご相談ください。

 また、相談専用ダイヤルで、電話での相談もお聞きしますので、お気軽にご利用ください。

  

【 日 時 】 毎週水曜日 午前9時から午後4時
【相談方法】
 @面談による相談 会場:智頭町総合センター・相談室(1階)
 A電話による相談 相談専用ダイヤル:71−0059

消費生活に関する出前講座をご利用ください

 公民館での催し、婦人会、趣味の同好会など10人程度の集まりに専門知識をもった講師を無料で派遣します。

 「最近の相談事例より悪質商法にあわないために」「困ったときのクーリングオフ」「お断りうちわの制作」「消費者○×クイズ」「悪質商法撃退ソング」など楽しく勉強して賢い消費者になりましょう。

 日時・場所・内容については事前にご相談ください。

【担当・お問い合わせ先】 総務課/TEL 0858-75-4111