智頭町における災害の現状と対策について

大呂山(智頭町大呂地内)

大呂山智頭町大字大呂地内の大呂山が崩落する恐れがあるため、現在、鳥取県が伸縮計を設置し、24時間体制で監視中です。
現場付近の県道「津山智頭八東線」は災害復旧工事のため片側交互通行となっています。
地すべりの規模をはかる伸縮計と雨量計による観測を行い、一定の基準以上に達した場合には、大呂山下流の集落や住人に対して、避難準備の連絡及び避難勧告を発令します。
大呂山地すべりの時間及び24時間変位の閲覧はこちらをご覧下さい。


大呂山地すべりに伴う避難基準

基準(平成17年5月13日から)
避難準備
・虫井神社に避難準備を通告
伸縮計変位1o/hが2時間以上の継続、若しくは5o/日
避難勧告
・虫井神社に行う
伸縮計変位2o/hが2時間以上の継続、若しくは10o/日
避難準備
・大呂から下流の集落住民に避難準備を通告
伸縮計変位1o/hが2時間以上の継続、若しくは5o/日、
かつ大雨注意報 以上が発令されている場合
避難勧告
・大呂から下流の集落住民に行う
伸縮計変位2o/hが2時間以上の継続、若しくは10o/日、
かつ大雨警報発令されている場合、または雨量20o/h、
若しくは100o/日になった場合

※避難準備、勧告ともいずれかの基準に達したとき
被災者とは過去の水害で浸水被害を受けた者
大雨警報…1時間当り雨量 40o、1日当り雨量150o(いずれも予想雨量)



市瀬採石場跡地

市瀬採石場跡地智頭町大字市瀬地内の久本砕石場跡地で、土砂崩落の恐れがあるため、現在、24時間体制で監視中です。
地すべりの規模をはかる伸縮計と河川水位計による観測を行い、一定の基準以上に達した場合避難準備の連絡及び避難勧告を発令します。
市瀬地すべり時間及び24時間変位の閲覧はこちらをご覧下さい。


市瀬地区避難基準

基 準
被災者避難基準水位2.0m
伸縮計変位 2o/h、若しくは50o/日
雨量 10o/h、若しくは35o/日
大雨洪水注意報発令 地震震度3
避難準備水位3.0m
伸縮計変位 5o/h、若しくは75o/日
大雨洪水警報発令
避難勧告水位4.0m
伸縮計変位 10o/h、若しくは100o/日

※避難準備、勧告ともいずれかの基準に達したとき
被災者とは過去の水害で浸水被害を受けた者
大雨警報…1時間当り雨量 40o、1日当り雨量150o(いずれも予想雨量)



災害時の対応

災害の状況によって、「避難準備」「避難勧告」が発令されます。これらの連絡は防災行政無線及び集落世話人等を通して行われますので、対象地域の皆さんは速やかに落ち着いて行動してください。


避難場所

大呂地区災害の場合

智頭町老人福祉センター(ひまわり会館)、智頭町総合センター

市瀬地区災害の場合

智頭町総合センター
【災害対策本部】 総務課/TEL 0858-75-4111 FAX 0858-75-1193