木の宿場実行委員会が鳥取県優秀経営農林水産業者等表彰を受けました!

 10月26日(月)、鳥取県優秀経営農林水産業者等表彰式典が鳥取市東町の鳥取県知事公邸で行われました。

 

 県内の農林水産業の発展並びにその技術及び経営の改善意欲の高揚を図るため、農林水産業の発展に功績のあった個人(39名)・団体(9団体)が表彰されました。

 

 智頭町からは、木の宿場実行委員会(小林一晴 委員長)が選ばれました。当実行委員会は、林内に放置された木材の回収・販売により得た収入を原資に、地域通貨「杉小判」を木材出荷者に発行し流通させることで、森林資源と地域人材を活用した山村の再生と、地域商店街の活性化を図る取り組みを行っています。

 

 県知事から表彰状を手渡された小林委員長は、「平成20年から行っている木の宿場の取り組みが評価されてとても嬉しい。今後も山をきれいにするために尽力したい。」と意気込んでおられました。

 

n        

 表彰状を受け取る小林委員長

 

n

記念撮影(左から岡田杉小判部長、綾木林業塾部長、平井伸治鳥取県知事、小林委員長・金児副町長)

【担当・お問い合わせ先】 山村再生課/TEL 0858-75-3117