伐採及び伐採後の造林の届出制度

届出は、なぜ必要なのですか?

 市町村森林整備計画に従った適切な施業をするためです。

 森林は、環境の保全、水源のかん養、災害の防止、木材等の林産物の供給などの働きを通して、私たちの日常生活に関わりをもつ重要な役割を果たしています。

 智頭町では、森林の持つ働きを持続させるため、森林法に基づく「森林整備計画」において伐採や造林の方法などに定め、地域の実情に応じた適切な森林づくりを推進しています。

 「伐採及び伐採後の造林の届出制度」は、森林の伐採及び伐採後の造林が、この計画に従って適切に行われているか確認するために、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出していただくものです。また、伐採後の造林が完了したときには、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」を提出することが森林法で義務づけられています。

  

提出する書類は?

・伐採及び伐採後の造林届出書

・伐採箇所の区域及び面積がわかる図面

・登記簿の写し(全部事項証明書)など所有者がわかる書類

  

だれが届出をするのですか?

 森林所有者や、立木を買い受けた方などです。

  

・森林所有者が自分で、あるいは他者に請け負わせて伐採する場合、

  森林所有者が届け出ます。

・伐採業者などが森林所有者から立木を買い受けて伐採する場合は、

 立木を買い受けた方と伐採後の造林(天然更新も含む)を行うもの(森林所有者)との連名で届け出ます。

※所有者以外の方が提出する場合は、所有者との関係がわかる書面を提出してください。(委任状・契約書等)

  

いつ、どこへ届け出るのですか?

(1)伐採及び伐採後の造林の届出

  伐採を始める日の90日前から30日前の間に、伐採する立木が存在する市町村へ届け出てください。

(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告

  

  「伐採及び伐採後の造林届出書」、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告」の届出が必要となる場合は、ページ下「届出様式」・「記載例」などを基に書類を作成し、智頭町役場山村再生課へ提出してください。

   

届出をしないとどうなるのですか?

 届出をせずに伐採を行うことは森林法違反であり、伐採の中止命令、伐採後の造林命令を行う場合があります。また、これらに従わない場合は、森林法に基づき罰せられる場合があります。

  

どのような森林が届出の対象となるのですか?

 地域森林計画の対象森林です。

  

 地域森林計画対象森林において立木を伐採するときは、目的・面積・本数・材積に関係なく届出が必要です。(地域森林計画対象森林については、「とっとりWebマップ」(県公式サイト)の森林情報から確認が可能です。「とっとりWebマップ」で確認できない場合は、智頭町役場山村再生課へお問合せください。)

 ただし、保安林及び保安施設地区内の森林の場合は除きます。

 ※保安林内の伐採等の手続については、 「保安林内での許可手続き等」(県公式サイト)をご覧ください。

 また、1ヘクタールを超える開発行為には林地開発許可が必要となり、許可の手続きについては、「鳥取県林地開発条例」(県公式サイト)をご覧ください。

  

留意事項

 森林経営計画の認定を受けている森林で、計画に基づく伐採等を行う場合、伐採等の終わった日から30日以内に「森林経営計画に係る伐採等の届出書」(森林法第15条)が必要となります。

 

【担当・お問い合わせ先】 山村再生課/TEL 0858-75-3117