「大阪(なにわ)・智頭町みどり塾」第2部の第2回講座は『民泊』でした!

 智頭町の取組や魅力を情報発信し、「都市と農山村との新たな繋がり」を考える場として、大阪市内で、「大阪(なにわ)・智頭町みどり塾」を開講しています。

 

 今年度のみどり塾は、第2部「特色あるまちづくり」編として、1月31日(土)に第1回講座の『森林セラピー』、2月7日(土)には、第2回講座『民泊』を開講しました。

 

  ※第1回講座の様子は右をクリック → 第2部・第1回『森林セラピー』

 

 

 第2回講座には、智頭町の取組に興味・関心のある方、約20名が参加され、「民泊って何?」という説明から、智頭町民泊の経緯、良さや課題などを紹介した後、質疑応答・意見交換を行いました。

 講座の終了後にも、参加者から多くのご質問、ご意見をいただき、『民泊』に対する関心の高さが感じられました。

 

 misorijyuku2-2 midorijyuku2-1

 midorijyuku2-3

 

 

 第3回以降は、 『空き校舎の利活用×地域おこし協力隊』、『森のようちえん』の取組を紹介する2講座と、智頭町長による『まちづくり』についての講座を開講予定です。

  

 希望する講座に1回のみの参加も可能です。ぜひ、ご参加ください!!

 

 塾の詳細・申込は、右をクリック → 『みどり塾、参加申込受付中!』

【担当・お問い合わせ先】 山村再生課/TEL 0858-75-3117