自伐型林業からひらく『地方創生』in智頭町を開催しました

 誰もができる持続可能な山林管理と収益をあげる自立自営の林業「自伐型林業」の取組みが智頭町ではじまり、この「自伐型林業」の展開を多くのみなさまに知っていただくために、10月10日(土)智頭町立智頭中学校体育館で“智頭町自伐型林業元年記念シンポジウム”を開催しました。

 

 当日は、これまで山の整備をあきらめていた山主の方、新たに林業をやってみたいと考えている方、そして、智頭町からはじまる地方創生に期待する方など多くの方が参加しました 。

 

 寺谷誠一郎智頭町長による開会挨拶の後、地方創生のカギ「自伐型林業」と題して中嶋健造氏(自伐型林業推進協会代表理事)が基調講演を行い、その後のシンポジウムでは町内の若手林業家などが「智頭の山林は宝の山」をテーマにディスカッションをし、熱のこもった討論を繰り広げました。

 

  また、最後に出席していただいた石破茂国務大臣(地方創生・国家戦略特別区域担当)より「地方創生の鍵は自伐型林業にある」と、自伐型林業の取組みに期待を寄せたお言葉をいただきました。

 

 当日の様子は、こちらをご覧下さい(自伐型林業推進協会HP)→http://jibatsukyo.jimdo.com/…/動画up-10月10日智頭町シンポジウムに石破茂地方創生…/

【担当・お問い合わせ先】 山村再生課/TEL 0858-75-3117