美味しい田舎を味わう会

イベントチラシ2016年02月19日 ---

『定員に達しましたので2月26日(金)15:28を持って受付を締切ました!』
ありがとうございました

「美味しい田舎を味わう会」
〜君待つ、春待つ、智頭(ちづ)発酵の宴〜

「ホンモノの田舎」「育みの郷」を目指す、鳥取県智頭町
寺谷町長をはじめ、職員、横浜から移住した若いご夫婦が
町での暮らし、仕事、子育てなどをたっぷりとお伝えします。

【日時】3月12日(土)16時開場
【場所】東京都千代田区内神田1-15-10 the C
【参加費】2,000円(食事、飲み物代込み)
【定員】50名(先着順)
【申込み方法】智頭町役場企画課へtel、fax、mailにてお申し込みください。
tel.0858-75-4112 fax.0858-75-1193 mail:kikaku@town.chizu.tottori.jp...
※fax、mailの場合は、氏名、連絡先、参加人数、性別を明記下さい。

〜 イベント詳細 〜
鳥取県の東南にある、人口約7,500人
総面積の9割以上が森林の町、智頭(ちづ)町。
「日本で最も美しい村」連合にも加盟している
この町の良さは、おいしい空気と水、美しい森、
そして、それらが育むあたたかい人の心。

初めて来ても、田舎のばあちゃんの家に
帰ってきたような気持にさせてくれる
“なつかしい”故郷の自然と人々。
それにひかれて、移り住む、
チャレンジ精神あふれる若者たち。

“小さな町でも、世界に通じる大きなことができる”
そんな期待を抱かせてくれる町、智頭町。

雪に土が埋もれ、野菜が冬は収穫できない智頭町では、
漬物や乾物など保存食を大事に食べながら、
縁ある人たちと食卓を囲んで、春を待っています。

そんな春待つ智頭の郷土食材と進取の気性富む、
移住者タルマーリーさんの天然酵母パンや、ビール、
日本唯一の自然栽培麻栽培に取り組む「(株)八十八や」の麻の実などを、
自然料理家、田町 まさよがコラボさせ、
皆様に、“感じる”発酵料理を召し上がっていただきます

智頭町を知っている方も、知らない方も、ぜひこの機会にお出かけください!
皆様のお越しをお待ちしています。

○こんな方におススメ
1.田舎で自然に子供を育ててみたい方。
2.田舎に実家を持つことに憧れている方。
3.田舎で、新しいことにチャレンジしてみたい方。
4.田舎とのご縁を発酵させたい方。
5.田舎の匂いのする発酵料理を召し上がってみたい方。

○智頭町ってどんなところ?
良い水、美しい森、疎開保険、日本1/0村おこし運動
ユニークな移住者たち、
森のようちえんをはじめとする良い教育環境など 

○プログラム内容
1.町長のお話し
2.移住者のお話し(前田ファミリー)
3.智頭町の説明
4.智頭町発酵の宴

○当日メニュー(予定)

天然酵母タルマーリーのパン with智頭発酵ディップ
無農薬無化学肥料の智頭産、”金魚米で作る
春待つ 智頭のおむすび (自然栽培麻味噌、
桜の塩漬け、山菜)
体に沁み渡る、智頭“いのち”のスープ
智頭ばあちゃん‘sのお宝漬物
智頭の超軟水で作られたろくろ豆腐の
湯豆腐、春待つ白和え
平飼い、自然飼料で育てられた地鶏“ピヨ”のグリル
智頭ばあちゃんのこんにゃく
春待つ山菜料理 
ばあちゃん伝統の知恵、とちもち

タルマーリーの自然栽培ビール
智頭の水と酒米で作られた純米酒、“芦津の夢”
ヤーコン茶 
超軟水非加熱水 ‘智頭の森’
など

*出される料理は、“智頭の森”を使って料理します。

当日物販あり(木工製品、藍染製品など)

当日料理担当 自然料理家 ガイド 田町 まさよ
奄美大島在住。
自然栽培の食材と野草を使った料理教室、食事会、
奄美の伝統発酵飲料“ミキ”を作りながら、
自分の中の真実のお話をする‘ミキの会“などを全国各地で開催。
著書 こころとからだ 奄美再生のレシピ(海風社)
HP http://tamachimasayo.com/
ブログ かみさまの住む島奄美 
http://plaza.rakuten.co.jp/loveamami/
【担当・お問い合わせ先】 企画課/TEL 0858-75-4112