トップページ特 集森に包まれて感じてみるシリーズ>芦津トレッキング体験

芦津トレッキング体験

芦津トレッキング体験

紅葉の美しい季節。毎年10月に開催される芦津トレッキングを体験してきました!

10月31日(土)

 朝8時。智頭駅前にある観光総合案内所にて受付をし、バスで沖ノ山トンネル手前の駐車場まで移動。

芦津トレッキング体験 開会式 智頭駅前より一段と寒さが感じられる中、参加者約150名集合しての開会式。平均年齢は高めですが、20代や小学生、児童の参加も見えます。
町内や鳥取県東部からの参加が主ですが、遠くは関西方面や広島県からの参加もあり、毎年参加にしているファンも多く、芦津の隠れた名所ぶりがうかがえます。

 観光協会長のご挨拶のあと、本日の概略と注意事項などの説明をしていただいた後いざ出発!意気揚々とみなさん、ちょっと早いペースで歩き出しました。沖ノ山トンネル手前の中国自然遊歩道入口よりいよいよ渓谷の中へと入っていきます。ここんとこの好天で足下は程よく乾いてて、落ち葉を敷き詰めたクッションがあり、歩きやすいです。

芦津トレッキング 最初のビューポイント ほどなくして烏帽子岩を通過。そして対岸の岩場等がある壁面では黄色や紅色に色づいた紅葉と天然杉の緑色とのコントラストが日差しに照らされ鮮やかで、コース最初のビューポイントがお出迎えしてくれ、それぞれに「うぁ〜きれ〜い!」の歓声が上がります。ベンチが設けてある休憩場を過ぎると「小豆転がし」と呼ばれるポイント、渓流が下の方に見て取れます。

 しばらく進むと芦津渓谷の名所である三滝(みたき)に到着。森の中で3つの白い水流が美しく、どんどん気分が高揚してきます。

 三滝を正面にして回廊風にまわる遊歩道を歩きながら、しばらくすると木々と苔のむした石が美しいなだらかな森の広場に出くわします。ここは歩道と渓流の高さが近くなって間近に渓流を眺めることができ、マイナスイオンが充満している感じです。

芦津トレッキング 三滝ダム しばらく行くと“やまみち”の道しるべに従って近道。
ほどなく白いコンクリートが目の前に現れ、三滝ダムに到着しました。
ここは視界が広がって明るく、出発前の肌寒さから一転、ぽかぽか陽気で暖かさを感じました。

 みなさんけっこうタンタンと歩いています。ここまでいろいろと展開する景色を堪能してたためか2kmほどの距離が、あっという間に感じられました。

 ダムの上の通路を対岸に渡って源流コースの方へ。ここより道幅は狭くアップダウンが少々きつくなりますが、ダム湖の水面に反射した光の中、紅葉の色がより鮮やかに感じられます。小鳥のさえずりが心地よく出迎えてくれました。

 一つの試金石となる吊り橋からいよいよ芦津渓谷の渓流美がたっぷりと堪能できる源流コースへと進んでいきます。

芦津トレッキング 二つ滝 水質もより澄んできました。巨岩と水流と紅葉が織りなすコントラストにおのおの驚嘆の声。こぶりながら見応えある滝に度々出くわします。そしてクライマックスの“二ツ滝”へ、ロープを伝って水辺近くまで降りました。
水はしっかり冷たいです。

 ひととおりのコースが終わって沖ノ山林道へと上がりしばらく舗装道路を歩き、達成感を味わいながらダム近くの広場へと向かいます。

 待ちに待った昼食、天然のなめこ汁でおもてなしいただきました。
とっても温まって美味!憩いのひととき。
おのおのシートの上に座って弁当を広げ、談笑にくつろいでいます。

 一汗かいた充実感と森林浴の心地よさ、堪能した絶景の数々を思い出しながら、噛み締める弁当はまた格別においしかったです。

 一通り昼食を終えてから、智頭町の4つのトレッキング大会(那岐山、牛伏山〜海上山、篭山、芦津)にすべて参加された方に皆勤賞の表彰が行われました。9名いらっしゃいました。
そして近くを散策するなど自由時間。
道中偶然知り合いと遭遇。
ダム湖沿いの歩道より今日一番の紅葉を湖面に写しながらパノラマに広がる紅葉を堪能して帰路へ。
ダムより先は行きと同じコースを引き返しました。
帰りは帰りで行きでは感じられなかった景色に気づいたりします。

紅葉のステンドグラス

 もうすぐ終点の沖ノ山トンネルにほど近くになって、日差しと紅葉の競演に出くわしました。まるで天然のステンドグラスかと思われる光のシャワーに照らされているようで、本日のアンコールを演じてくれました。

 参加するまで、歩く距離の長さ(約8km)に少々の不安があり、普段の運動不足にとっては少々足のだるくなる距離でしたが、終わって見れば程よい達成感。また来たいなという実感がわいてきました。
今度参加するときはもっと余裕を持ってペースをつかみ、樹木や野鳥などの自然観察をしながら歩いてみたいです。

現地情報


より大きな地図で 智頭町観光マップ を表示

芦津渓谷
問合せ/智頭町総合案内所 TEL 0858-76-1111

関連ページ

芦津渓谷

人気の秘密は、流音が耳に心地いい北股川の清らかな流れ、それに沿ってどこまでも続く芦津渓谷と手つかずで残る深い森、大小数々の滝とダム湖を包む新緑や紅葉、それらすべてが織り成す自然美にあります。


ちょっと寄り道

みたき園

茅葺き屋根の古民家の囲炉裏や森と清流に包まれた癒し空間で地元で採れた山菜料理の会席が味わえます。小休憩には、栃餅やみたらし団子をどうぞ。

みたき園・小鳥のcafe Quince(クインス)

ウサギが跳ねる緑の森、かやぶき屋根の家。忘れかけていた「ふるさと」がここに…!

䖝井(むしい)神社

県指定・天然記念物の社叢(神社の森)を持つ神社。例祭では、県指定文化財の“花かご”と“麒麟獅子舞”が奉納されます。

  • 智頭町総合案内所
  • 智頭宿特産村
  • お問い合わせ

トップページへ