トップページ歴史・見る>杉神社

杉神社

杉神社杉神社杉の精霊を祀る全国でも類をみない神社。裏山にある滝大明神は因幡の名所。全国に例を見ないこの杉神社のご神体は、高さ12m、底辺8m、杉をかたどった白亜の塔で、樹木の霊を宿らしたものと伝えられます。昭和30年(1950)10月に完成したこの塔は、当時町議会議員であった米井信次郎が私財を投じて建設したものです。

エピソード

滝滝大明神…寛政7年(1795)に書かれた『因幡誌』には「滝谷口村の鳥居より奥へ八町に滝あり、高さ二丈(約6m)ばかり、二段に下り、その下に盤石があり、形は亀甲のようだ。水廉岩頭に当たり、左右に別れて風景奇絶なり」とあって、古くから、因幡の名所の一つに数えられました。参勤交代の折には、藩侯が側近を差し向けて、必ず旅の安全と道中祈願を祈らせたものです。

花粉症軽減祈願

花粉症などのアレルギー性疾患は、現代病のひとつです。ともすれば、私達が忘れがちな自然からの恩恵への感謝の欠如に対する警鐘でもあると考えられます。杉神社では、花粉症に悩む多くの方々へ、自然への畏敬の念を込め、杉の精霊を通じて「花粉症軽減祈願」をお受けしております。

現地情報


より大きな地図で 智頭町観光マップ を表示

杉神社
住 所/鳥取県八頭郡智頭町智頭
TEL/智頭町総合案内所 0858-76-1111
    智頭町役場企画課 0858-75-4112
    智頭町森林組合 0858-75-0075
交通アクセス/智頭駅から徒歩約30分、車で約3分
駐車場/杉神社側に無料駐車場あり
備 考/杉神社の祭…例年4月中旬に実施

ちょっと寄り道

  • 智頭町総合案内所
  • 智頭宿特産村
  • お問い合わせ

トップページへ