トップページ歴史・見る>䖝井(むしい)神社

䖝井(むしい)神社

麒麟獅子舞 䖝井神社は、県指定・天然記念物の社叢(神社の森)を持つ神社。例祭では、県指定文化財の“花かご”と“麒麟獅子舞”が奉納される。
 古くは『日本三代実録』(元慶7年=883)に「因幡国正六位上虫井神」と出てくるのが初出です。この時代、地方の反乱や大陸の脅威に備えて、山陰道の警備を強化していますが、国家の安寧のために神の威力を頼り、位を上げ、虫井社に従五位下を授け、効果を期待しました。

エピソード

 この社はもともと夷住(いずみ)山の山頂部にあったものを、嘉慶元年(1387)大江(船岡町)の地頭大江師貞が願主となって下に遷宮したといいます。その後、船岡の伊田氏が妙見社を祭り、武神の神としました。祭礼には妙見相撲が必ず奉納されたものです。

 この社は三滝の蔵王権現を祭り、修験僧(山伏)の行場として栄えました。神仏の力を体得した修験僧が加持祈祷すれば、たちどころ雨乞いに験力(げんりき)を発揮するところから、雨乞いの祈祷が叶うと「花籠」が奉納されました。「花籠」の起源は江戸時代後期までさかのぼります。

 明治元年に妙見社を虫井神社に改称し、大正10年、社殿を現在地に移し造営しました。この造営の時、宮大工の棟梁が芦津の青年を宇部神社に差し向け、麒麟獅子舞を習わせ、これを神社に奉納しました。芦津の獅子舞の特色は猩々(しょうじょう)と獅子がゆっくりと舞う動作が本来の姿を演じていることと、蚊帳が鳥取東照宮の蚊帳を受け継ぐ古式なものを伝えています。

 「麒麟獅子舞」「花籠祭り」も県の無形民俗文化財に指定されていますが、社叢(しゃそう)も県の「天然記念物」に指定され、境内の大杉は豊乗寺に次ぐ巨木です。

䖝井神社例祭

花籠まつり県の無形文化財に指定されている「花籠祭り」は、太陽に見立てて作った花籠を若者が背負って神社に奉納し、氏神へ感謝を表します。あわせて「麒麟獅子舞」が奉納されます。

現地情報


より大きな地図で 智頭町観光マップ を表示

虫井神社
所在地/八頭郡智頭町大字大呂
TEL/智頭町総合案内所 0858-76-1111
    虫井神社 0858-75-3824
交通アクセス/智頭駅から車で15分
駐車場/乗用車10台
備 考/例祭日 10月28日

ちょっと寄り道

みたき園

茅葺き屋根の古民家の囲炉裏や森と清流に包まれた癒し空間で地元で採れた山菜料理の会席が味わえます。小休憩には、栃餅やみたらし団子をどうぞ。

みたき園・小鳥のcafe Quince(クインス)

ウサギが跳ねる緑の森、かやぶき屋根の家。忘れかけていた「ふるさと」がここに…!

  • 智頭町総合案内所
  • 智頭宿特産村
  • お問い合わせ

トップページへ