トップページ歴史・見る>河野神社(にゃくいちさん)

河野神社(にゃくいちさん)

河野神社外観

 手・肩・腰などの病を治す信仰があり、県外からも参拝者が絶えない。境内には祈願用の木製手型や足型が奉納されている。
 この神社は、大正5年三田の広峰神社、十日市の宮国神社、慶所の聖神社、大坪の檜神社の四神を合祀して河野神社としました。これらの神社は、古くから河野氏によって祭られてきましたが、明治40年、村社の場合は、1,000円の貯蓄がなければ維持できないという達しに村民として寄付行為ができず、合併せざるをえなかったという経緯がありました。

木の手形 現在、この神社は若一さんともいい、ことに手足・腰などの病には霊験あらたかで、山陽側からの参拝が多いです。病に悩む人たちは、手の病の場合、奉納されている木の手形を持ち帰り、撫でつけて快癒祈願をすると、ほどなく治るといい、改めて患部の手形をつくり、お礼に奉納する「倍返し」の風習が、今なお伝えられています。それらのお礼の木形がたくさん、見てとれるところから、庶民の信仰の深さを物語っているようです。

現地情報


より大きな地図で 智頭町観光マップ を表示

河野神社
住 所/鳥取県八頭郡智頭町大字三吉475
TEL/智頭町総合案内所 0858-76-1111
    河野神社 0858-78-0116
交通アクセス/智頭駅から車で約10分
駐車場/大型バス2台(乗用車10台)
備 考/例祭日 10月10日

ちょっと寄り道

野原のCAFE ぽすと

古〜い郵便局が紡ぐスローなカフェタイム。自然食ランチを食べながら、まったり…。

  • 智頭町総合案内所
  • 智頭宿特産村
  • お問い合わせ

トップページへ