トップページ>歴史・見る

歴史・見る

神社仏閣

豊乗寺

創建は嘉祥年間(848〜851年)とされていますが、現在の建物は徳川中期以降のものと伝えらています。

諏訪神社

境内には欅の大木に混ざって多くの楓樹があり、その紅葉は壮観で、古くから紅葉の名勝地として地元に愛されています。

金刀比羅神社

明治初年の「神仏分離令」に神と仏を一緒に祭ることを禁止され、破壊されましたが、明治15年、村のあつい信仰心によってよみがえりました。

虫井(むしい)神社

県指定・天然記念物の社叢(神社の森)を持つ神社。例祭では、県指定文化財の“花かご”と“麒麟獅子舞”が奉納されます。

河野神社(にゃくいちさん)

手・肩・腰などの病を治す信仰があり、県外からも参拝者が絶えません。境内には祈願用の木製手型や足型が奉納されています。

杉神社

杉の精霊を祀る全国でも類をみない神社です。ご神体は、高さ12m、底辺8m、杉をかたどった白亜の塔で、樹木の霊を宿らしたものと伝えられます。

荘ノ尾城跡

農民が野盗の襲来に備え、城を整備し「用心棒」を雇ったという史実が残っており、映画や小説のモデルとなったといわれています。


伝統行事・祭り

2010年05月20日 --- 諏訪神社御柱祭り

6年ごとに行われる柱祭りは、町内の山から4本の杉を担ぎ出し、町内を練り歩いた後、神社に奉納される祭りです。平成13年(県指定無形民俗文化財)に指定されました。

那岐神社秋例大祭

那岐神社・秋の例大祭。麒麟獅子舞や浦安の舞、子ども相撲など多彩な奉納が繰り広げられます。

虫井神社例祭

県の無形文化財に指定されている「花籠祭り」は、太陽に見立てて作った花籠を若者が背負って神社に奉納し、氏神へ感謝を表します。あわせて「麒麟獅子舞」が奉納されます。

河野神社例祭

手・肩・腰などの病を治す信仰があり、県外からも参拝者が絶えません。境内には祈願用の木製手型や足型が奉納されています。


郷土芸能

杉太鼓

迫力、見応え満点の杉太鼓!小学生や保育園児による杉太鼓は愛らしいです。

智頭はねそ踊り

浄瑠璃を文句とした音頭。手ぶり足ぶりしなやかに、哀調ゆかしく、格調高い踊りです。

新田の相生文楽人形芝居

山郷地区新田で明治7年に始まった人形浄瑠璃芝居は、人間国宝桐竹紋十郎の技が息づく伝統芸能として隆盛を極め,県内外でその名が知られています。

  • 智頭町総合案内所
  • 智頭宿特産村
  • お問い合わせ

トップページへ