トップページ智頭の見どころ>新田

新田

住民全員がメンバーのNPOで息を吹き返した村
自慢の美しい山里と人形浄瑠璃をごらんあれ!

新田

 智頭町の南部、峠を越えればもう岡山県という県境の集落「新田」。開拓が始まった1645年頃に造られたという石積みの棚田が美しく、谷を包む深緑の杉林とともにどこか昔懐かしさが漂う山里風景が広がっています。集落の中心を清らかな白坪川が流れ、澄んだ空気がおいしい暮らしよい所ですが、2010年1月現在、18戸、人口約50人、高齢化率はなんと60%。このままでは村が消滅してしまうと危惧した住民たちは、人口の増加、就労の創出、ふるさとに残る伝統文化を受け継いでいくため全員で立ち上がりました。それが、全国で初めて集落全体をNPO法人化したとして一躍有名になった、「新田むらづくり運営委員会」です。

人形浄瑠璃の館での伝統文化体験 新田には、江戸末期から明治にかけて「人形浄瑠璃芝居」の文化が興りました。新田の青年、岡田太平治たちにより始められたといわれ、演目によって組み替えられる人形の頭や手足、大道具・小道具といった舞台で使われる数々の道具が残っています。人形の頭には、明治〜昭和期に活躍した徳島市の著名な人形師である天狗久、天狗弁の作の貴重な物もあり、町の重要文化財に指定されています。昭和10年には地元新聞社主催の演芸大会で優勝して鳥取県一の座に輝き、昭和27〜28年には人間国宝・桐竹紋十郎師の目に留まり、非常に親しく演技指導を受けたという伝統ある芸能文化です。

 今に受け継がれているこの人形浄瑠璃を多くの人に見てもらいたいと、食事処と人形浄瑠璃の舞台を兼ね備えた「清流の里 新田」と「人形浄瑠璃の館」が1999年に完成。人形とその使い手である人間が一体となり、熟練した絶妙な動きで感情を豊かに表現する人形芝居は実に見事。艶やかで生き生きとした舞台を間近で見ることができます。現在、「傾成阿波の鳴門・巡礼歌の段」「絵本太閤記十段目・尼崎の段」など4つの演目があり、人情あふれるストーリーが人気です。

 芝居観賞の前後は、この集落で育った野菜や山菜たっぷりの「田舎定食」をどうぞ。季節野菜の天ぷらや煮物、酢の物、こんにゃく田楽と盛りだくさんな上、とってもヘルシー。地元産の白飯によく合うおかずばかりで、ご飯はおかわり自由とあっては、満腹になるまで何杯でも食べてしまいそう。施設の窓からは、棚田や畑、せせらぎを響かせる清流、村を大切に包み込むような杉林といった景観が広がっていますが、いつ観光客が訪れてもいいようにと住民で協力して掃除や草刈りがなされているのでどこを見渡してもすがすがしく、心がホッと癒されるようです。

 NPOの活動は観光面だけにとどまりません。毎月1回日曜日に「新田カルチャー講座」を開催し、政治・経済・福祉・教育といった様々な分野から講師を招いて勉強会をしています。起ち上げからずっと続いており、100回を超すほどになっています。田舎にいながらにして著名人の講演が聞けるとあって地元でも評判がよく、集落の人だけでなく、町外や県外からの聴講者も受け入れています。

大阪いずみ生協との交流事業での田植え また、大阪の小・中学生、大阪いずみ生協との交流事業も行っており、夏休みを利用した1泊2日の田舎暮らし体験や、滞在型の農業体験「ファームステイ」で林業や農業の体験を推し進めています。中には、何度も参加してすっかり顔馴染みになっている人もいるとか。これらの活動を通じて若者の定住につながることを願っており、数はまだまだ少ないですが、自然・文化ともに魅力あふれる新田に移住してくれる人も出てきました。
 高齢化、過疎の問題を抱えつつも活動のパワーはNPO法人発足から衰えておらず、今後の展開が見逃せない新田地区をぜひ訪れてみてください!

現地情報


より大きな地図で 智頭町観光マップ を表示

新田集落
所在地/鳥取県八頭郡智頭町西谷(新田)

清流の里 新田
所在地/鳥取県八頭郡智頭町西谷620-1
電話番号/0858-75-1994(清流の里 新田)
営業時間/10:00〜17:00
定休日/水・木曜日、盆・年末年始
駐車場/約30台(無料)
【主なメニュー】
田舎定食900円(前日までに要予約)、きつねうどん450円、鍋うどん700円
【新田人形浄瑠璃芝居】
1公演30,000円(要予約)
※施設で食事を取られる場合1講演25,000円

ちょっと寄り道

清流の里 新田

地元の採れた食材を使って、山村ならではの季節の山菜料理がお手軽に堪能できます。

“人形浄瑠璃の里”新田での伝統文化体験

新田集落に伝わる人形浄瑠璃のことを教えてもらい,実際に人形を動かす体験ができます。

清流の里 新田「人形浄瑠璃の館」

人形浄瑠璃の鑑賞と体験のできる施設と隣接の施設にて宿泊できます。

中原 あけびの家

移住•定住支援お試し体験住宅としてオープン。智頭杉の丸太をふんだんに使ったログハウスです。予約申込先(TEL:090-9064-5321 夢来づくり中原 加藤)

  • 智頭町総合案内所
  • 智頭宿特産村
  • お問い合わせ

トップページへ