祝 日本遺産認定!日本海の風が生んだ絶景と秘境  

祝 日本遺産認定!!日本海の風が生んだ絶景と秘境 

幸せを呼ぶ霊獣・麒麟が舞う大地「因幡・但馬」

 

令和元年5月20日、麒麟のまち圏域(鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町、兵庫県香美町、新温泉町)によるストーリー『日本海の風が生んだ絶景と秘境―幸せを呼ぶ霊獣・麒麟が舞う大地「因幡・但馬」』が、日本遺産に認定されました。本町では石谷家住宅が構成文化財として登録されています。

日本遺産とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて、我が国の文化や伝統を語る「ストーリー」を国が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない有形・無形の文化財群を地域が総合的に整備・活用し、国内外へ発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としています。

国は2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに100件程度を認定する予定です。この度の認定により、現在まで83件が認定されています。

 

認定された日本遺産ストーリー

【タイトル】

日本海の風が生んだ絶景と秘境―幸せを呼ぶ霊獣・麒麟が舞う大地「因幡・但馬」

【ストーリー】

日本海から吹きつける季節風が創り上げた日本最大級の鳥取砂丘。目に見えぬ風の姿がさざ波模様の風紋に映し出され、海岸を進むと風が起こす荒波に削り出された奇岩が連なる。鳥取砂丘の砂を生み出す中国山地へと急流を辿ると、風がもたらす豪雪に育まれた杉林を背に豪邸が佇む。さらに源流へと分け入ると岩窟の中に古堂が姿を現す。

これらは日本海の風が生んだ絶景と秘境である。

人々は、厳しい風の季節での無事とそれを乗り越えた感謝を胸に、古来より幸せを呼ぶ麒麟獅子を舞い続け、麒麟に出会う旅人にも幸せを分け与えている。

構成市町】

鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町、香美町、新温泉町

【ストーリーの主な構成文化財を紹介します!(写真)】⇐クリック