智頭町障がい者計画・第4期智頭町障がい福祉計画を策定しました

 町では、障害者基本法の改正、障害者虐待防止法、障害者総合支援法の施行など、障がい者を取り巻く国や社会情勢等の変化を踏まえ、「智頭町障がい者計画」を見直し、また新たに「第4期智頭町障がい福祉計画」を策定しました。

 「智頭町障がい者計画・第4期智頭町障がい福祉計画」は“ともに生きる地域社会の構築”を基本理念とし、障がいのある人もない人もお互いに尊重し、理解し、助け合うことのできる、共に生きる地域社会の構築を目指します。

 

 計画の期間は、「智頭町障がい者計画」が9年間の平成35年まで、「第4期智頭町障がい福祉計画」は3年を1期とした平成29年度までの計画となります。

 また、各年度において計画の実施状況の把握、点検及び評価を行い、必要に応じて各種施策の見直しを行います。


智頭町障がい者計画

 町内在住の障がい児・者、その家族の状況を踏まえ、障がい児・者及びその家族のための施策に関する基本的な計画を策定したものです。

 障がい児・者及びその家族に関する9分野における施策、取組等について計画しています。

<9分野>

・生活支援  ・保健医療  ・安全・安心  ・生活環境

・情報アクセス・コミュニケーション支援  ・雇用、就業、経済的自立の支援

・教育、文化・芸術、スポーツ  ・あいサポート運動の推進  

・差別解消及び権利擁護の推進

第4期智頭町障がい福祉計画

 障害福祉サービスの提供体制の確保や障害者総合支援法に基づく業務の円滑な実施に関する計画を国の指針に基づき策定したものです。

 

 ご不明な点やご意見は、下記へお問い合わせください。
問い合わせ先   福祉課 赤堀・藤原  電話 :75-4102 FAX :75―4110