新型コロナウイルスに関する情報

 新型コロナウイルスの感染が、国内でも広がりつつあり、感染経路が特定できない感染者の発生、また、散発的に小規模の集団感染の例もみられています。冷静な行動により個々が感染予防対策をするとともに、集団感染の予防対策も大切です。 

予防方法

 新型コロナウイルスの予防は、風邪や季節性インフルエンザと同様に「マスクの着用」や「正しい手洗い」を徹底することが重要です。

 また、人混みや繁華街への不要な外出を控えることや、日ごろから十分な休養、バランスの良い食事を心がけることも大切です。

 正しい手洗いの方法や咳エチケット等については以下のホームページをご覧ください。

◇新型コロナウイルス感染症に備えて〜一人ひとりができる対策を知っておこう〜(外部リンク:首相官邸ホームページ)

 

 

集団感染予防対策の方法

イベントや集会で集団感染を予防するためには、「3つの密」が重ならないようにすることが重要です。

@ 換気の悪い密閉空間 ×

A 多数が集まる密集場所 ×

B 間近で会話や発声をする密接場面 ×

 

※集団発生防止のチラシは鳥取県ホームページからダウンロードできます。

 

 

新型コロナウイルスに関する相談窓口

 以下のいずれかに該当する方は、東部地区発熱・帰国者・接触者相談センターにご連絡ください。

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方

(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

 ただし、高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は重症化しやすいため、上記の状態が2日程続く場合に東部地区発熱・帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

※発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えましょう。

※発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておきましょう。

 

〇東部地区発熱・帰国者・接触者相談センター(鳥取市保健所内)

 電話 0857−22−5625(休日・時間外 0857−22−8111)

 ※外国語(中国語、英語、韓国語)による電話相談は、午前9時から

   午後5時の間で、0857−22−8111で受け付けています。

 ファックス 0857−22−5669

 ※ファックスの相談は、午前8時30分から午後5時15分(土日祝日を除く)です。

 

〇全般的な相談窓口

・鳥取県福祉保健部健康医療局健康政策課 感染症・新型インフルエンザ対策室

 電話 0857−26−7153   ファックス 0857−26−8143

 ※受付時間:午前8時30分から午後5時15分(土日、祝日を除く)

・厚生労働省 電話相談窓口

 電話 0120−565653

 ※受付時間:午前9時から午後9時(土日祝日も実施)

 

新型コロナウイルスに関する情報は下記をご覧ください

鳥取県ホームページ

厚生労働省ホームページ

 

【担当・お問い合わせ先】 福祉課 電話:0858-75-4101