乳がんのセルフチェックについて

 乳がんの早期発見のためには、2年に1回の乳がん検診と、月に1回のセルフチェックが重要です。

 乳がんの初期は、痛みなどの症状がありません。月に1回のセルフチェックが、小さな変化や異常に気づくきっかけになります。

 以下のポイントに気をつけて、セルフチェックを習慣にして欲しいと思います。

 また、セルフチェックをして、何か気づいたことがあれば、早めに医療機関(乳腺外科や一般外科)を受診しましょう!

 

セルフチェックのポイント

◇月に1回行いましょう(頻繁にしすぎても、変化に気づきにくいです)。

 閉経後の人は、毎月、日を決めて行うと忘れにくいです。

 閉経前の人は、月経終了の1週間以内に行うようにしましょう。

◇鏡で見るときは、手をおろした状態、手を腰に当てた状態、手を頭の後ろで組んだ状態、と手の位置を変えて観察します。

◇触ってチェックするときは、指先で軽く圧をかけ、滑らせるようにするのがコツです。

◇鎖骨の下や脇の下もチェックしましょう。

◇しこりだけでなく、皮膚のひきつれ、えくぼ、ただれ、左右差、分泌液の有無などにも注意しましょう。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 


【担当・お問い合わせ先】 福祉課 電話:0858-75-4101