11月は、児童虐待防止推進月間です

児童虐待防止 オレンジリボン11月は、児童虐待防止推進月間です。

オレンジリングには子ども虐待を防止するというメッセージがこめられています。

 

 

児童虐待に関する相談対応件数は、依然として増加しており、特に子どもの命が奪われるなど重大な事件が後を絶たない状況にあり、児童虐待問題は、社会全体で早急に解決すべき課題となっています。
 国は、11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、家庭や学校、地域等の社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解を得ることができるよう、児童虐待防止のための広報・啓発活動など種々な取組を集中的に実施しています。
 児童虐待は、社会全体で解決すべき問題です。

 

  

児童虐待とは?

 

種別

内容

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、家の外にしめだす等

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする等

ネグレクト

乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、他の人が子どもに暴力を振るうことなどを放置する等

心理的虐待

言葉により脅かす、無視する、きょうだい間で差別的な扱いをする、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)等

 
 

〇このようなときは、連絡・相談してください

・「あの子、もしかしたら虐待を受けているのかしら」

・「子育てが辛くつい子どもに当たってしまう」

・「近くに子育てに悩んでいる人がいる」

児童虐待防止法では、虐待を受けている子どもに気がついたときはもちろん、「虐待を受けたのでは」と疑われる場合も通告することが義務付けられています。連絡(通告)した人の秘密は法律で守られています。

  「虐待では」と感じたときは、勇気をもって連絡(通告)や相談をしてください。

 

 

厚生労働省のホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/dv/index.html

  

 

<連絡・相談先>

智頭町福祉事務所        八頭郡智頭町大字智頭1875番地  

                    電話:0858−75−4102

鳥取県中央児童相談所     鳥取市江津318−1           

                    電話:0857−23−6080

 

 

  

 

 

 

 

【担当・お問い合わせ先】 福祉課:TEL 0858-75-4101 / 0858-75-4102